收縮
logo
當前位置:首 頁 > 社會曆史
  • 『右翼と左翼』

    已有2506人圍觀 0條評論 供稿者:
    『右翼と左翼』
    「もはや右翼も左翼もない時代」といわれる。が、依然「右‐左」のレッテルはさまざまなものに貼られている。しかし「では右って何?左って?」と訊かれると答えに窮する。「右‐左」の対立軸は何か?なぜ「上‐下」「前‐後」ではないのか?定義はもとより世界史的誕生の瞬間から派生まで、影響された日本の「右‐左」の特殊性から戦後の歪み、現代の問題點までを解き明かし、ここ百...
  • 『日本の「安心」はなぜ、消えたのか―社會心理學から見た現代日本の問題點』
    昔に比べて今の社會が悪くなったのは、人々の心が堕落したからだ。 だから、お説教をして道徳意識を埋め込む・・・。 このような発想の延長線上に、ベストセラー「美しい國」「品格」等があるとすれば、 筆者の主張は、まったく逆の「人の心は環境によって変わる」というアプローチでしょう。 日本人は「集団主義者か個人主義者か」を検討して、 日本人が実は、個人主義者で...
  • 『安心社會から信頼社會へ―日本型システムの行方』
    リストラ、転職、キレる若者たち―日本はいま「安心社會」の解體に直面し、自分の将來に、また日本の社會と経済に大きな不安を感じている。集団主義的な「安心社會」の解體はわれわれにどのような社會をもたらそうとしているのか。本書は、社會心理學の実験手法と進化ゲーム理論を併用し、新しい環境への適応戦略としての社會性知性の展開と、開かれた信頼社會の構築をめ...
  • 2014-07-13
    已有2699圍觀 0條評論 供稿者:
    エネルギーコストが高まってゆく世界にあって、経済システムとしての都市のネットワークとして、 また、輸送や移動の手段として、鉄道網が発達し、都市が機能を高めている日本は、完全にクルマ社會化してしまっている他の先進國より、 エネルギー効...
  • 2014-07-13
    已有3169圍觀 0條評論 供稿者:
    國家の根幹は、國語教育にかかっている。國語は、論理を育み、情緒を培い、すべての知的活動・教養の支えとなる読書する力を生む。國際派の數學者だからこそ見えてくる國語の重要性。全身全霊で提出する血涙の國家論的教育論「國語教育絶対論」他、...
  • 2014-07-13
    已有2722圍觀 0條評論 供稿者:
    書名の「象」とは日本のことである。慶応大學に留學経験があり萩原朔太郎を愛する駐日インド大使の著者からの日本への激勵の書である。明治維新と第二次大戦敗戦を乗り切った日本は、相談をして海外の良いところを取りいれ、獨自の(場合によっては...
  • 2014-07-13
    已有3213圍觀 0條評論 供稿者:
    日本の庭について、中國、朝鮮の庭や、茶道、あるいは築城の際の石垣の構造など、文化や技術の構造から、知識を深めていくのに、「ことはじめ」として最適な本である。著者が実際に作庭家であるということ、そしてその體験から得た庭への視點で書か...
  • 2014-07-13
    已有2753圍觀 0條評論 供稿者:
    判決、死刑――。最愛の妻子が殺害されたあの日から、9年。 妻子を殺された深い哀しみの中、幾度となく司法の厚い壁に跳ね返され、なおも敢然と挑んだ青年。だが、それは決して孤高の闘いではなかった。自殺を考え、絶望の海を彷徨う青年の陰には、...
  • 2014-07-13
    已有2711圍觀 0條評論 供稿者:
    本書で著者は「甘えるな」というありきたりの処世訓を説いたのではな く、日本社會において人々の心性の基本にある「甘え」「甘えさせる」人間関係 が潤滑油となって集団としてのまとまりが保たれ、発展が支えられてきたこと を分析して見せたのです...
  • 2014-07-13
    已有3708圍觀 0條評論 供稿者:
    日本社會の人間関係は、個人主義・契約精神の根づいた歐米とは、大きな相違をみせている。「場」を強調し「ウチ」「ソト」を強く意識する日本的社會構造にはどのような條件が考えられるか。「単一社會の理論」によりその本質をとらえロングセラーを...
  • 評論最多
  • 最新評論
  • 随機文章
footer logo
未經許可請勿自行使用、轉載、修改、複制、發行、出售、發表或以其它方式利用本網站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版權所有:日語論文網
  • 備案号:京ICP備10000918号