收縮
logo
當前位置:首 頁 > 論文範文 > 查看文章

要旨
中國と日本は一衣帯水の友好隣國である、世界経済一體化に従って、中日両國は各領域においてすべて協力がある。両國の発展と友好関係を促進するため、日本人の國民性を理解することはとりわけ重要である。中國と日本はアジアの隣國で、そのため多くの面でよく似ている、異なった面も同様に多い。本論は日本人の集団意識を分析通して、私たちはもっと日本人のことを了解できる。これ以外、日本人の國民性を分析した結果、日本人の長所と弱點はだいたいわかっている。

本稿は、四章に分けられ、第一章において、集団意識に対する理解を述べ、それから日本人の國民性を分析通して、集団意識が日本人の獨特な國民性と認識される。第二章において、歴史から日本人の集団意識を見る、また、戦後集団主義的色彩を濃厚になることを挙げる。これ以外、集団意識がいまだに現代の日本企業で大きな存在が見られることによって集団意識の特徴を分析する。第三章において、集団意識生まれた原因を探して、恥の文化との関係、また自分の利益のために強い集団を結ぶことをまとめる。集団意識の影響はもちろん良い面と悪い面があることを説明する。第四章において、今の時代に、伝統的な集団意識を変容することを説明する。

現在、日本人の集団意識を減りつつあると言われている。日本の経済発展の中に集団意識かつて一定的な役割を果たした。しかしながら、集団に依頼する、責任を逃す傾向が多くなり、悪い集団活動が発生する可能性もある。集団意識は日本人の永久不変の國民性とする見方が見直される時代も來るかもしれない。

 

 

 

キーワード:集団意識 國民性 「恥」の文化

概要
中國和日本是一衣帶水的友好鄰國,在當今世界經濟一體化發展的趨勢下,中日兩國在各領域充分開展合作。因此,理解日本人的國民性對于兩國的共同發展以及友好關系的促進是十分重要的。中日兩國是亞洲的近鄰,因此具有很多的相同點,而不同點同樣很多。本文通過分析日本人的集團意識,使我們更加了解日本,除此之外,也可以大體上了解日本人的長處與缺點。

本稿分為四章,在第一章中介紹了集團意識的概念,然後分析了日本人的國民性,而集團意識被認為是日本人較為獨特的國民性。第二章,從曆史上來看日本人的集團意識,第二次世界大戰後集團意識開始變得強烈。此外,通過集團意識在現代日本企業中的很多體現分析了集團意識的特征。在第三章中首先尋找了集團意識産生的原因,其中與恥感文化的關系,其次對于自身利益的維護進而結合成集團也是很重要的一個因素。不言而喻,日本人的集團意識有着好的方面也有不好的方面集団。第四章中叙述了傳統日本人集團意識的變化。

現在,據說日本人的集團意識正在減退,集團意識曾經在日本的經濟發展中起到過重要的作用。但是,對于集團的過度依賴使得敢于自己承擔責任的人變少,逃避責任的傾向增加,因此可能會導緻發生有害的集團行動。也許重新認識集團意識是否是日本人永久不變的國民性的時代已經來臨。

 

 

 

 

關鍵詞:集團意識 國民性 “恥”文化

 

目次
はじめに―――――――――――――――――――――――――――――1

第一章 日本人の集団意識――――――――――――――――――1
1.1集団意識の理解――――――――――――――――――――――――1
1.2日本人の國民性――――――――――――――――――――――――1
1.3集団意識が日本人の獨特な國民性――――――――――――――――2

第二章 集団意識の発展と特徴――――――――――――――――3
2.1歴史から見る日本人の集団意識―――――――――――――――――3
2.2現代の日本企業から見る集団意識――――――――――――――――4
2.3「場」を重んずると依頼心理――――――――――――――――――4

第三章 集団意識が生まれた原因とその影響――――――――――5
3.1「恥の文化」との関係―――――――――――――――――――――5
3.2自分の利益のため―――――――――――――――――――――――6
3.3集団意識の影響――――――――――――――――――――――――6

第四章 伝統的な集団意識の変容―――――――――――――――7
4.1家族をもっと重視する―――――――――――――――――――――7
4.2個性を呼ばれる若者が多くなる―――――――――――――――――8

おわりに―――――――――――――――――――――――――――――9

參考文獻――――――――――――――――――――――――――――10

 
集団意識から見る日本人の國民性

はじめに
集団に帰屬する意識が強いというのは日本人の國民性の特徴として多くの人が指摘している。たとえば、日本人はあまり自己主張しない、自らリーダーシップを発揮することが苦手で、リーダーに追従する傾向がある。また、日本人は日本人同士で固まる傾向があり、外國人が日本人グループに入りにくいという點もある。日本人の強い集団意識が日本経済発展の中で肝心な役割を果たした。逆に、それゆえに獨自性に欠ける面がある。
本稿は日本人が集団意識で行動することを通して、日本人の國民性を考察していきたい。

第一章 日本人の集団意識

1.1集団意識の理解
集団意識とは、個人よりも集団に価値を置く思想、あるいは自分の利害よりも自分の屬する集団の利益を優先する価値観、互いに近接的にリンクされ、自分自身を一つかそれ以上の集団(家族、會社等)の一部であるとみなす個人からなる社會類型のことである。 詳しく言えば、まず自己の定義が、集団と相互依存である、そして個人と集団の目標が近接している。それから、人間関係を強調することを、たとえそれが不利益な場合でも、重視する。集団意識を持つ人は他者との一體化・融合を好む 、また集団内での相互批判を好まない 。集団意識強いならば、、社會における社會的行動の多くは、規範、義務によって導き出される。

1.2日本人の國民性
1)厳しい等級観念
日本はアジア東部の島國であり、地理的環境に影響され、日本民族はほかの民族に侵入されなかったが、海を渡って外國の文化がどんどん入り、いろいろ外國文化に彩られた歴史を構成したのである。

中國儒教の影響によって、君臣式のタテの社會を構成した。日本人が集まると、経歴をくらべなければならない。そして、それでたがいに制約する。たとえば、日常の會話のなかで敬語を使うのは、もっともよい例だ。
日本人は等級観念が強く、上と下との関係はきびしく、固定する社會行動のきまりのなかでは、部下は絶対に服従、命でも捧げ、命令が絶対であるという伝統をつくった。
中國人は率直に自己の態度と意見を表しがちだが、日本人はそうではない。何事もまず人の表情をうかがい、相手の立場、観點をわかるようにし、できるだけ親しくして紛争を避ける。同一の民族だから、とても外國人を排斥する。
このような日本人の國民性のなかの弱さが一部の國の反感をかい、反日活動までひき起こした原因である。
2)現実の利益を重視する
世界の陸地の4百分の1を占める列島で生活している日本人は、土地がせまく物資が少ない自然條件のもとで、勤労努力の習慣を養成した。肉體労働ばかりでなく、他人の良いところを借りて、民族の経済を発展させることに長じる。
彼らは中國人のように大自然を改造する野蠻の精神をもたず、自然を維持し、他國から資源を輸入し、國民経済を発展させる。そして、冷靜に歐米の科學技術を吸いとり、発達する資本主義経済の道をたどったのである。まさに島國の自然環境、歴史こそが日本人の國民性を養成したのである。
日本人は現実の利益を重視し、お金を大切にする。いつも『先進大國』を誇り、中國人の感情と立場を理解できず、川を渡ってしまうと、すぐ橋をくずして後からくる人が渡れないようにすることが多い。それでも人間と自然の調和を追求し、優雅な環境の中で堂々とその偽善性を覆う。
一方、ぐずぐずして決斷力がなく、弱々しく、おじけ、恐れ、つねに変わって一定せず小さいことに神経を使っているのが、日本人の國民性の典型的な表現である」と、中國のある日本問題の評論家が、書いたことがある。
1.3集団意識が日本人の獨特な國民性

日本人は、個人の利益よりも集団の利益を優先する集団主義者が多い、かつて日本人が集団主義的であると國際的に認知されていた。集団意識が強いことは日本人の獨特な國民性といえる。日本人が集団を離れては生きていくことは出來ないという本能的な理解と感覚を、世界のその他の國と比べて、強く持っているという。
これ以外、日本人の集団意識について生き生きとした描寫がある。日本人は団結な心を持っている、蜜蜂のように、一人一人の個體は優秀ではないかもしれないが、でも、一旦小さな団體集団を結べば、巨大な力を持つようになった。
たとえば、第二次世界大戦後日本の経済が飛ぶように早く発展した、この経済高度成長期は歐米などの経済國に目で見張らせた。日本人の強い集団意識が日本経済発展の中でもっとも肝心な役割を果たした。世界でも指折りの電気メーカーの一つである松下電器は初めてアメリカにテレビを輸出した時その販売狀況などは大変厳しかったのです。それを根本的に改善するために日本の他の電器會社と協力し合い大きな集団として立ち向かって行ったのです。テレビを日本ではかなり高い値段で売っていましたがアメリカでは原価で広く売りさばくという戦略でアメリカ市場での「松下」を大きく発展させたのです。売れ行きは上々でした。「集団の力と知恵はどんなに素晴らしい力を持った個人より素晴らしく、力強いのです。」と認識される。
日本人の集団主義は第二次世界大戦における玉砕や集団自決の悲劇、一億一心のスローガンから、今日の企業経営、サラリーマン社會などにおける集団の和への重視、果ては學校の生徒の制服に至るまで、すでに日本に広く深く根を張っている。

第二章 集団意識の発展と特徴

2.1歴史から見る日本人の集団意識
日本には古くから「村八分」という風俗習慣がある。「村八分」の本來の意味は、平素は村中でのけ者としてつきあわないが、「火事」と「葬式」の2つ(「二分」)だけは村のみなで面倒を見てやろうというルールである。このように日本人の集団意識は無意識でも非常に強い。身近な話でも、同じ職場にいれば晝食には何となく仲間と集団で出かけるといった集団意識は、日本人の大きな伝統的な特徴である。
戦後、民主化されたとはいえ、日本人の文化あるいはそれに基づく生活態度はいまだに全體主義的、集団主義的色彩を濃厚にとどめている。例えば、日常生活などでも、自分個人のことを考えるよりまず家族のことを考える。そして、ひとむかし前であったらまず村のこと、今日ではまず會社のことというように、自分を取り巻く周囲のことを考える傾向が強いのである。周りの家族や、友人、隣人、會社の上司や同僚などがあってこそ、自分の存在があるというように考えるのである。
このように、集団依存の傾向の強い日本人は、社會の中でとかく派閥をつくりたがる。むかしは婚姻で一族の勢力を伸ばすことがよく行われていったが、今日の社會でも、地縁、血縁による集団が多く存在する。政治の世界には派閥幅を利かせるし、一般社會では學閥や財閥など、世の中は派閥の力學で動いている。

2.2現代の日本企業から見る集団意識
日本企業は集団意識が強いと言われるように、人間関係の和を重視する、そのために、企業内ではフォーマル及びインフォーマルな様々な催しものが行われる。
一般に人生の大半を一つの會社で過ごすために、おのずと付き合いは會社中心となり、こうした人間関係を円滑にすることはビジネスマンにとって重要な條件でもある。多くの會社では、定期的に組織全體、あるいは各セクションごとの行事が行われる、それは従業員の家族も參加する運動會であったり、社員旅行、転勤者に対する送別會、あるいは歓迎會、年末の忘年會など様々である。
このような行事は日本の會社の家族主義的慣習で、人間関係を堅密にするとともに、組織は運命共同體であるという意識を持たせ、組織の活性化を図るという効果もある。會社内には様々な同好會がある。スポッツから文學、将棋といった趣味の分野に至るまであり、社内の厚生施設を利用し、活動している。こうした活動では労使の區別はなく、経営幹部も一般社員と一緒になって楽しむのが普通である。
だから、日本人が會社に深い感情を持って、彼らが個人の前途と幸福を會社に託して、運命のつなが彼たちと會社をかたく結び付けているようだ。だから、日本人の仕事の道理感が會社への忠誠感につぐこのつぎのものである。仕事は苦しいことではない、ある種の神聖な意味をもっている。
それで社員が働く目的を持つようになる。會社が家庭のようで、一番大切なのは全體の繁栄を実現することである、會社のために生活し、個人の希望が第一ではない。いわゆる「會社を愛する精神」、「新家族主義」、「企業は大家庭」などはみんな「家體體制」の現れである。この理念が原因で、自分と集団がむすびついて、集団が団結の凝集力を持つようになる。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此處不能完全刊載論文全部内容,如需完整論文内容,請到本站下載頻道去下載全篇論文的完整word文檔!

 日語論文免費下載>>>

 

這家夥很懶,什麼都沒寫!

—— 日語論文

admin
你可能也喜歡Related Posts
衆說紛纭Comments
大眼 可愛 大笑 壞笑 害羞 發怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 暈 流汗 困 腼腆 驚訝 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡覺 眨眼 親親 疑問 閉嘴 難過 淡定 抗議 鄙視 豬頭
小提示:直接粘貼圖片到輸入框試試
努力發送中...
  • 評論最多
  • 最新評論
  • 随機文章
footer logo
未經許可請勿自行使用、轉載、修改、複制、發行、出售、發表或以其它方式利用本網站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版權所有:日語論文網
  • 備案号:京ICP備10000918号