收縮
logo
當前位置:首 頁 > 論文範文 > 查看文章

現代の日本語における外來語のありかた

 

要旨

日本の國民は日本語の外來語が氾濫を使うことを承認している。それでは外來語は利益が弊害より大きいかそれとも利益より弊害が多いか?本文は調査の事実と信頼できるデータによって、日本語の外來語の使う現狀を研究して、外來語の大量に生む歴史の原因と背景を分析して、外來語の広範に運用された過程および社會の受け入れる政治、社會と経済などの方面の原因にそれを詳しく述べてみる。本稿は外來語の発展の成り行きを指摘する。外來語は一方では日本の科學技術、國民の経済発展に対する作用を肯定し、もう一方ではその濫用で國民の生活や日本語自身の発展に働いたマイナスの作用を討論する。外來語の形成と未來での問題に対して、対策を探求してみよう。

一、外來語の定義と由來

1.1外來語とは

外來語とは、日本語における借用語のうち、漢語とそれ以前の借用語を除いたものである。おもに西洋諸言語からの借用であり、洋語とも呼ばれる。また、カタカナで表記することが多いことからカタカナ語とも呼ばれる。

外來語は借用語の一種である。それは外國語に違いないが、その民族の言語に溶け込み、それを構成する一部となっている。日本語の外來語は2種に大別できる。ひとつは漢語を含む東方系のものであり、もうひとつは西方系のものである。いうまでもなく、歴史的にいって日本に対する漢語の影響は絶大なものであった。近代に至ってやや薄れたとはいえ過去にはそれぞれの時代に、日本は大量の漢語語彙を借用しただけでなく、漢字そのものを借用して言葉を記す道具としていたのである。

ある統計によると、「例解國語辭典」のうち、漢語語彙は53.6%も占める。ただし、日本では習慣としてもはや漢語を外來語とみなさない。そこで以下からが通常の習慣に従って漢語は含まず。西方系に外來語を主として述べることにする。以下は日本語の中の様々な外來語を見てみよう。

たとえば、あ行の中のアカデミー は英語の academy からで、専門的な、學問・研究をする場所、研究所の意味で、語源はギリシャ時代のプラトンの設立したアカデミア Akademia に由來する。アリバイは英語の alibi からで、不在証明や事件などで犯行現場に居なかったと証明することを表す外來語である。多くの場合他の場所に居たことを証明する、証拠・証人などによって不在証明とする。語源はラテン語(“他の場所に”)である。アルバイトはドイツ語の Arbeit からで、労働、働くと言う意味である。日本では副業、一時雇用など短期労働契約のことを意味する。同じような意味の英語は、part time work でそこから パートが使われる。同じような意味のフリーターということばは英語 free(自由な、の意味で)と上述のドイツ語に由來する Arbeiter を組み合わせた造語和製英語である。アルバイトに関する意味→ 身近な場所で自分が働く事で、「その代わり給料と言うのは少ない」給料(働いた分頑張ったと認められお金をもらえること)。もう一つの例はか行の中のカステラはポルトガル語の Castela からで、名前の由來は、スペインカスティーリャ王國(Castilla、語源は“”)のポルトガル語であるカステーラ(Castela)からといわれている。小麥粉、卵、砂糖を混ぜて焼いた菓子である。室町時代にポルトガルから長崎の出島へと伝えられ、長崎名物となっている。古風に「カステイラ」と表記されることもある。カテーテルはオランダ語のkatheterからで、醫療器具の一つで、體内に挿入して體液の排出や薬液の注入に使われる管狀の器具である。ガムはチューインガムのガムの音だけが外來語になった。 お菓子の一種類である。英語gumからで、gumは同時にゴムグミを意味する。「グミ」はgumと同じドイツ語Gummiからである。カメラマンは英語の camera man からで、日本語では(職業)寫真家で、英語では photographer 、映畫やテレビ撮影のカメラマンは “cameraman” あるいは “camera operator”である。ガラスは英語の glass からで、漢字は硝子(がらす)と表記する。古い言葉ではギヤマン、玻璃(はり)とも言われた。古いガラスは透明ではないことが多い。glass由來の外來語「グラス」とは區別される。「ギヤマン」という言葉は「ダイアモンド」に近い。カルテはドイツ語のKarteからで、英語のカード(card)に相當する言葉で、シート狀の紙(束)をさすものだが、日本における外來語としては、専ら醫者が作成する、患者に関する記録を記したもの、診療簿、のみをさして使われる。同根だが、別の形で定着したのがカルタ(オランダ語)。

さ行の中のサインは英語の sign からで、日本語では署名する、から転じて意思表示をするといったような意味に使われる。信号、合図、野球の(作戦などを伝える)サイン。「伝票などに(名前を)サインする」などと使う。有名人や人気者の署名もサインをもらうなどと使う。この場合、英語ではautograph. 身振りなど(ジェスチャーも)サインを送るなどと使うこともある。 カーレースなど、指示を書いたものを、サインボードなど使う。一般的ではないが看闆や広告物など、サインということもある。英語の sine からで、數學など、正弦波をサインカーブなど使う。サマーは英語の summer からで、夏の……、という使い方が多い。サマースーツ(夏の背広)、サマースクール(夏季學習)などと使う。

サチるは英語の saturation(飽和)からで、電子回路技術者同士の會話で使われる。フォーマルな文書には使われない。ジャズは英語の Jazz からで、即興演奏の意味で使われるが、日本の古來の即興演奏には使われない。シャボンはポルトガル語の sabão からで、石鹸、シャボン玉は洗剤・石鹸以外の材料を使うこともあった。「シャボン」という言葉は「せっけん」と言う言葉により全く使われなくなった。今では「シャボン玉」「シャボン液(ただし現在では「石けん液」に押されている)」という言い方しか殘っていない。 語源はイタリアの都市サボナともいう。ジャンルはフランス語の genre からで、分野、形式、様式で、芸術や、創作、評価、批評などで使うことが多い。ノンジャンル(すべての分野)で、などと使う。こういう外來語は日本語の中に大量に存在する。その多くは西洋から伝われている。日本人の生活に大いに影響を與えている。

では、日本語の中に外來語はどのくらいあるのだろうか。もちろん正確な統計は不可能だが、「三省堂國語辭典」(第2版)の収録項目が六萬二千、そのうち害洗い語が六千項目あるということであらましはつく。「外來語辭典」と銘打ったものになればその數はさらに多く、同じく三省堂の「袖珍外來語辭典」が二萬項目、「角川外來語辭典」は二萬五千項目に上っている。

ただし、日本人が常用する外來語となればこれほど多くはない。日本の國立國語研究所が調査したところによると、雑誌の常用外來語は三千、新聞はやや多くて四千五百であったという。おそらく新聞は毎日大量のニュースを報道するため、外來語の使用が多くなるのであろう。また、日本のテレビ、新聞、ラジオをよく理解するために必要な外來語は五千前後、最低でも二千だというから容易ではない。これは、日本語學習者の悩みの一つでもある。

 

1.2外來語の輸入と表記

室町期以前に中國語サンスクリット語などは中國を経由して日本に入ってきた。漢字を用いた語は漢語と呼んで外來語と區別し、外來語に含めない。洋語のほか、アジアなど歐米以外の外國の言語から入った語も外來語とされる。

中國語から取り入れた語であっても、現代中國語音や現代広東語などの方言音による語、例えばメンツワンタンなどは外來語に入れる。また、借用の時期が古い、「馬(うま)」や「梅(うめ)」などは漢語にも外來語にも入れず大和言葉として扱う。古い朝鮮語との類似が指摘される「カササギ」、「寺(てら)」などの語は借用語であったとしても外來語には含めない。

アイヌ語ニブヒ語ギリヤーク語)のように日本本國内またはかつて本國だった地域に土着する少數民族の言語由來の単語は普通、外來語に含めない(「ラッコ」「トナカイ」「クズリ」などがある)。

英語などの音訳に漢字を當てたものは一般に外來語と見なされない。畫廊 (gallery)、簿記(bookkeeping, booking からという説も)などがある。また、日本語に入った年代の古い語や日本人生活文化に深く浸透したものを指す語の一部(「タバコ」「イクラ」など)も外來語と認識されないことが多い。

古くは16世紀にポルトガル語から入ってきたタバコ、パン江戸時代にオランダ語から入ってきたガラスなどがある。しかし、本格的に西洋語が日本に入ってきたのは明治維新以降である。各分野それぞれにおいてドイツイギリスアメリカの3國を中心に、次いでフランスからの技術輸入が多かったため、例えば、鉄道用語はイギリス英語醫學用語はドイツ語、芸術用語はフランス語起源のものが多く使われている。

外國語に借用された日本語の単語を「外來語」の逆として「外行語」と呼ぶ場合がある。

外來語が日本人になっている例もある。山口県を中心に見られる煙草谷(たばこだに)姓はその一つといえる。

戦後の日本語では、和語大和言葉)や漢語が同義の洋語に置き換えられるか、同義の洋語が和語や漢語より優勢になる場合もある。「ちち(、飲用の)→ミルク(milk)」、「はいいろ(灰色)・ねずみいろ(鼠色)→グレー(gray/grey)」、「葡萄酒→ワイン」、「収集(蒐集)→コレクション(collection)」などの例がある。一方で、現在でも、「バスタブ」に対する「ゆぶね(湯船)」、「浴槽」のように和語または漢語が同義の外來語よりどちらかといえば優勢な例もある。

外來語でも戦後の日本語では、英語からの語彙がより古くから借用されたポルトガル語・オランダ語等からの同義の語彙より優勢になったか、優勢になりつつある場合もあり、「ズック (蘭: doek) →カンバス・キャンバス (canvas)」、「ビロード (葡: veludo) →ベルベット (velvet)」などの例が挙げられる。

外來語の表記というと、日本語の場合、一般に外來語はカタカナで表記して區別されるが、「瓦斯」(gas)、「米」(meter)などのように漢字を當てる場合や、「頁」(page)のように訓読みになっている場合もある。ほかに、外來語との認識の薄い語がひらがなで表記される場合もある(「タバコ」を「たばこ」など)。また、2文字以上の漢字で表記されて熟字訓で読まれることのある語もある。

外來語の浸透にともなって、和製英語を含む和製外來語など、外來語からの造語ももちいられるようになった。また、「テレビジョン」を「テレビ」、「コンビニエンスストア」を「コンビニ」というなど獨自の略語も用いられている。中には「コスチュームプレイ」から派生した「コスプレ」のように諸外國に逆輸入される単語も存在する。

 

二、現代の日本語における外來語のありかた

2.1現代の日本語における外來語のありかた

日本の國立國語研究所は前世紀60年代に、日本語を構成したの成分の中に日本語、中國語、外來語、混合言葉がそれぞれ占めた割合に対して調査を行った。大衆性の90種類の雑誌から以下の統計データを獲得した:日本語は36.17%、中國語は47.15%、外來語は9.18%、混合言葉は6.10%などである。一般的に言えば、中國語は日本語の外來語だと見なさないでいる。これは近代日本語が中國語の文化の文字の発音の影響のもとで形成して発展するからである。しかし、9.18パーセントの外來語と6パーセントの混合言葉は日本語の中の外來語だと見なすべきである。両者はプラスして、それらが日本語の中で占めた割合は16パーセントに近く。客観的に言うと、 20世紀中葉の日本語の言語の構成は、外來語が割合を占めたのはまだあまり大きくなかった。

前世紀の70、80年代、日本の國立國語研究所はまたそれぞれ1年間発行続けたの『朝日新聞』、『毎日新聞』、『読売新聞』の三大新聞の日刊新聞、夕刊を調査の対象として、日本語の構成に日本語、中國語、外來語、混合言葉が占めた割合について、再び調査研究を行った。新しく獲得する統計データは日本語は38.18%、中國語は44.13%、外來語は12%、混合言葉は4.18%である。上の調査データと比較して、中國語の割合は明らかに下がって、外來語の割合は著しく上昇し、混合言葉の割合はある程度下がる。しかし外來語のデータと混合言葉のデータの2項はプラスして17パーセント近く、それらが占めた割合はある程度増加する。言い換えると、外來語の使い程度は高まっている。

今日、日本語を學んだ日本の國民と各國の學者は外來語の數量が飛ぶように増加するのをしみじみ経験している。使うだけではなく、その上外來語がところどころまでつかわれることと感じる。私達はとにかく日本東京のある喫茶店ので若い店員が元旦の日に我が國の旅行者との會話を見てみる。

店員:“ハッピー ニュー イヤ ト ヨー!”

お客:“新年おめでとうございます。”

店員:“コーヒーですか、テイですか。”

お客:“さあ、コーヒーにしましょう。”

店員:“ホットですか。”

お客:“さあ、熱いのをちょうだい。”

店員:“ライスと食パンはどちらになさいますか。”

お客:“ライスは良いです。”

2人の簡単で短い話は、店員は5回も6つの英語からの外來語を使った。それらは日本語の“新年おめでとうございます! ”、“コーヒー”、“お茶”、“熱いですの”、“ご飯”などの固有の語彙を取って代わった。言うまでもなく、日本の近代の若者は外來語を使うことが好きである。若者は會話の中では外來語をよく使うが、そんなに文字や資料などの方面ではまたどんな狀況ですか?以下の會話を見てみよう。

コピーされた畫像は、「マイピクチャ」に保存されています。「スタート」メニューから「マイピクチャ」をクリックして開き、手順7で入力した名前のフォルダをダブルクリックして開けば、寫真を楽しめます。

これはパソコンで使った文字である。ごく短い2、3行の文字は外來語のフレーズは7か所共有して、外來語の構成は意外にもあちこちセンテンスの50パーセントを占める。疑いもなく、外來語はすでに日本の全體の社會と各領域にしみ込んで、日本文化、生活の風俗習慣の中に溶けて入る。しかし、今は外來語は日本語の中で結局どれだけの割合を占有するか、私達は最新の調査するデータを見る。

2002年12月10日発行する『読売新聞』の朝刊の第13版の紙面の外來語の數量は統計を経て、含めて外來語の語彙の695個がある。これは一番多くない。外來語は漢字のかな文字とつり合いがとれていないこの獨特な書き方によって、新聞や雑誌などの中に目立つ文字の光景になった。日本は外來語の専門辭典を出版するだけではなく、その上伝統の大辭典の中で収録する外來語の語彙は日に日に増える。たとえば日本の集英社が出版した『日本語外國語辭典』は全部で38500條の言葉の例を収集した。その中で常用する外來語が34000條餘り、人名、地名などが2千數條、省略語が全部で2500 餘條である。現在の狀況と外來語の使い程度から見れば、何數年かからないで、日本語の中に外來語がつけた割合は、完全に50%の程度を達成するかもしれない。

2.2外來語盛行的原因

一體どんな原因が日本語の外來語を迅速に繁栄してそれに頻繁に使わせるか? まず筆者は歴史の要素だと思っている。しかしこの歴史は別に日本の戦前の歴史を指さない。周知のように、日本は第2次世界大戦が敗戦した後で、米國に占領されて、米國の軍隊の駐屯軍を受け入れる。米國は日本が経済を回復して、創立して西方のいわゆる自由な民主制度を健全に指導する役を擔當した。米國が推進する西洋文化、イデオロギーは日本の社會の発展と日本の國民の文化観念や意識などに影響している。それに數百萬人の米國の軍人が日本に駐留して、言語の交流はもっと切実になる。統治者と被統治者の交流、もちろん翻訳を通じて行うことができる。しかし広大な日本の國民と占領軍人員の交流は、明らかにわずかな英語と各種の言語で米國の統治者と占領軍人員で疎通を行ったのである。

戦後の日本、できるだけ早く経済の壊れ果てる局面を抜け出すため、正真正銘米國の統治の意図を実行するため、エネルギーとアメリカ人と交流するために、多くの日本人は外國語を習い始め、そして英語を作り始めた。この歴史があるこそ、戦後の1世代が英語を學習し、外國語を使う気風は形成された。このようにして外來語の存在の基礎を形成した。米國の統治と軍隊の占領は、日本人が外來語を吸収し、使用する外部の有利な條件だと言ってもいい。

また、外來語は広く使って普及するのは、人々の心理の教養の程度と非常に密接な関係を持っている。前の例とデータを見てきて、日本の女性、若者は外來語を使う主體である。調査のデータによると、女性雑誌が外來語を選択して使用するパーセンテージは最高で、総括的な語彙の9.9%に達するそうである。外來語のパーセンテージの最低は文芸評論の刊行物で、5%だけある。文芸評論より、女性の刊行物が使った外來語の數量は1倍ほど多い。

外來語の數量が女性の刊行物の次ぐのは娯楽の刊行物で、割合も3%まで達成した。ここから、我々は外來語が大衆の生活と緊密な関係があるということが見られる。内容が分かりやすいし、娯楽の領域で外來語を使う數量がとても大きい。若者は外來語を話すのは、言語の交流が必要とする以外、ファッションを求める心理がある。

日本の現代言語學者の金田一春彥先生は“日本人が心の底の中から英米の文化が日本より優越していると思っています。この心理から、いつも中國の中國語が日本語より良いと感じて、西洋からの外來語はもっと良いです”。という話である。NHKは日本で「言語の環境についての調査」のテストを作ったことがあった。アンケートの中に「あなたが外來語を使うことに対して何の感想があります」のテーマがあって、訪問者の多數は「感じが新鮮だ、時代の息があります」と答えた。日本の言語學者は、日本人が日常生活の中で2000の外來語の語彙を掌握しなければならないと思っている。言うまでもなくて、外來語がとても繁栄した今日、我々は外來語を分からないで、交際できない。

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此處不能完全刊載論文全部内容,如需完整論文内容,請到本站下載頻道去下載全篇論文的完整word文檔!

 日語論文免費下載>>>

這家夥很懶,什麼都沒寫!

—— 日語論文

admin
你可能也喜歡Related Posts
衆說紛纭Comments
大眼 可愛 大笑 壞笑 害羞 發怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 暈 流汗 困 腼腆 驚訝 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡覺 眨眼 親親 疑問 閉嘴 難過 淡定 抗議 鄙視 豬頭
小提示:直接粘貼圖片到輸入框試試
努力發送中...
  • 評論最多
  • 最新評論
  • 随機文章
footer logo
未經許可請勿自行使用、轉載、修改、複制、發行、出售、發表或以其它方式利用本網站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版權所有:日語論文網
  • 備案号:京ICP備10000918号