收縮
logo
當前位置:首 頁 > 論文範文 > 查看文章

日語論文範文:日本の企業文化

論文範文 你是第50891個圍觀者 0條評論 供稿者: 标簽:,

目 錄
はじめに
第一章 先行研究及び問題點
第二章、日本企業文化
第一節、日本企業文化の根源――儒教と仏教の影響
第二節、日本企業文化の形成と発展
第三節、日本企業文化の特徴
第三章、松下電気器具製作株式會社の企業文化について
第一節、松下電気器具製作株式會社の企業精神
第二節、松下電気器具製作株式會社の経営の基本理念
第三節、松下電機の70分人才戦略
第四章、中國の企業文化と日本の企業文化の対照
第一節、中國の企業文化
第二節、中國の企業文化と日本の企業文化の共通點
第三節、中國の企業文化と日本の企業文化の相違點
第五章、日本の企業文化から習うべきこと
終わりに

 

 
はじめに
現在、経済のグローバル化がすすんでいるにつれて、中國の企業と日本の企業との交流が盛んになっている。わが國の企業文化を研究するのが必要のは當然であるが、日本の企業文化を研究するのも必要で、両方を比較して研究するのも重要なことだと思う。
企業文化についてはまだはっきりとし定義がありませんが、私は企業文化がやっはり企業の理念、経営哲學、行動基準だと信じている。
日本の企業文化は一體どうなんでしょう、その根源と特徴などから研究する必要がある。

第一章 先行研究及び問題點
日本は世界で発達した國として、経済の発展経験などが他の國に吸収されている。重要な部分である企業文化は格別に崇められている。優秀な企業文化の代表者とされている。
中國は例外ではなく、管理経験や理念などの模範と見なされている。今まで、多くの學者が様々な形式でその企業文化を紹介したり、評価したりしている。例えば、王麗は《日本式企業文化的宗教色彩》(2005、3)では、日本企業文化における宗教の影響を紹介した。禅宗が仏教の大衆化を促進した過程で、日本企業の経営理念や企業文化の宗教淵源になったと指摘した。また、潘梅林は《員工是企業發展的第一要素—上海松下電子應用機器有限公司人本文化簡述》(2002、6)では、松下電器の「人本位」の理念を紹介した。「人本位」文化は今企業経営、管理の重點になっていると指摘した。さらに、劉乃成《日本企業文化的特點與啟示》(2003、12)では、日本企業の獨特な文化をまとめて、我々にどのような啓発を與えるかと述べた。以上からみると、多くの學者は様々な角度から、日本企業文化を紹介してくれたが、事実として、今まで中國の企業文化を述べていない。また、両方の対照もまだ行われていない。
したがって、本稿はこれらの見方を參考にして、日本企業文化や中國企業文化を紹介することによって、その両方の共通點や相違點を詳しく考察したい。
第二章、日本企業文化
第一節、日本企業文化の根源――儒教と仏教の影響
儒教、仏教は日本に深い影響を與えた。5世紀の前後と6世紀中、中國と日本の交流が盛んで、わが國の文化と哲學思想も日本に伝授しつつあり、儒教と仏教もその時期に日本に伝授してきたのである。儒教と仏教が正式に日本に影響を來たすのが7世紀のはじめのごろである。聖徳太子が日本の統治を強化するために、力を込めて仏教を押し広め、儒教と仏教の教義を基礎として、17條の憲法公布を切っ掛けに、日本が二大主教を主に「和」式の統治を推進し始め、神様は日本土着の人々の宗教、最初は自然の崇拝、其の後ほかの宗教の思想も受け入れ、「忠」という代表的な教義が構成した。沢山の日本人が一つの宗教を信じているではなく、二つ及び二つ以上の宗教を信仰している、宗教信仰は日本の國民に対して、どれほど重要なことかここまではっきり分かるでしょう。わが國の儒教は日本の巨大な影響を及ぼしてある。
日本の「天皇に忠実、命を投げ出しても遺憾でなく」の神様精神と「 仁、義、禮、智、忠、孝、和、愛」などの論理思想と大昔から現在に踏襲し、「忠」と「和」が企業文化の代表として成り立ち、企業文化が宗教の形で実施する。日本企業家が「人生が物質と精神この2つの求めがあり、人々の生活が幸せになれるよう、次から次へこの2つの求めに満足しなければならない。物質求めが品が良くて値段が安いの品物をマス.プロダクションすれば、満足できる。」一方では精神求めについては、信仰に頼りにする必要がある。勿論、ここに述べるの信仰は完全に西方のファーマートに判斷してはいけない、ある一つの追求及び理想だと考えればいいである。人が3分の1の時間が仕事をする、仕事のキャリアーとしてある企業がこの2つの求めを満足させるの責任を負うべきである。したがって宗教の痕跡が企業の中に至るところが見えるようになった。
第二節、日本企業文化の形成と発展
「企業文化」という言葉を思い出したのはアメリカ人であるが、一番早めに実踐したのは日本人である。世界第二次大戦で日本戦敗が故に、國の経済も厳重に崩れてしまった。「この現狀による相當長い時期が経たないと、回復することができないだろう」と世間の人が誰でもそうだと思われてあり、程なく実狀はまったくそうではない。日本製品が絶え間なく、世界各國の扉をノックし始め、アメリカが日本経済発展の微妙な所を探り始めた。80年代にアメリカ學者が次から次へと投稿し、日本企業発展迅速な原因は日本企業は自分自身の企業文化がきちんと持ってあるからと明らかになってくる。だから、「企業文化」は日本企業迅速発展の最も重要な原因だといっても過言ではないだろう。
第三節、日本企業文化の特徴
日本企業文化が濃厚な宗教匂いがする、これが日本企業文化最もな特徴である。日本は単一の民族の國家、社會構造が長期に安定して統一し、思想観念はとても強い通性を持っている。同時、人脈を重視している。これは日本企業文化がもって和親として一緻していようと決定した団體元気なその特長である。日本企業に管理中の哲學観念に運用することとして、企業行為の指針である。
企業上下することに一緻して調和を守り、相互にへりくだり、協調を強調し、私的な主が内部と競争することを見て知ることに反対する。共同の価値観念は企業目標と私的目標が一緻性を持っていることを使う。企業は1個の所帯のように、成員が和解して付き合い、上級が下級に関心あり、権利と責任はともにあんなに明確でないことを區分し、集団戦略、一緻した意見の後才が決定することを取得し、ひとたび問題が転嫁しないことの私的責任から出した、それで各々がどれだけか自己批判することである。企業は職員に終身雇用を実行し、年の功の序の列賃金を作る。

第三章、松下電気器具製作株式會社の企業文化について
1918年に創業者の松下幸之助は大阪府の福島區で松下電気器具製作所を創立した。90年あまりの発展で、パナソニック株式會社は、日本の総合家電メーカー、電機専業のメーカーとしては事実上、世界首位である。パナソニックグループの事業持株會社としてパナソニック電工、三洋電機、パナホームなどを傘下に持つ。いま世界的に有名な電気メーカーになる。
その大成功を収めるのは、代々の勤勉さや立派な戦略などが欠かせないものである。重要な點として、すばらしい企業文化が企業の順調な発展大いに貢獻している。世界最大のスーパーマーケットチェーンであるウォルマートのように、松下電気器具製作株式會社はそれなりの獨特な企業文化を持っている。そして、その管理経験、理念などが多くの企業に取り入れられている。
第一節、松下電気器具製作株式會社の企業精神
松下電気器具製作株式會社は日本國内だけではなく、世界でも、有名な會社である。創立されてから、自分の企業文化などを養うことを重視してきた。長期にわたる発展につれて、松下電機の企業精神が成立するようになった。以下の七つの條が明らかな企業精神だと言われている。
①産業報國の精神:産業報國は當社綱領に示す処にして、我等産業人たるものは本精神を第一義とせざるべからず。
②公明正大の精神:公明正大は人間処世の大本にして、如何に學識才能を有するも此の精神なきものは以て範とするに足らず。
③和親一緻の精神 :和親一緻は既に當社信條に揚ぐる処個々に如何なる優秀の人材を聚むるも此の精神に欠くるあらば所謂烏合の衆にして何等の力なし。
④力闘向上の精神:我等使命の達成には徹底的力闘こそ唯一の要諦にして真の平和も向上も此の精神なくては贏ち得られざるべし。
⑤禮節謙譲の精神:人にして禮節を紊り謙譲の心なくんば社會の秩序は整わざるべし正しき禮儀と謙譲の徳の存する処社會を情操的に美化せしめ以て潤い(情趣)ある人生を現出し得るものなり。
⑥順応同化の精神:進歩発達は自然の摂理(天意)に順応同化するにあらざれば得難し社會の大勢に即せず人為に偏する如きにては決して成功は望み得ざるべし。
⑦感謝報恩の精神:感謝報恩の念は吾人に無限の悅びと活力を與うるものにして此の念深き処如何なる艱難をも克服するを得真の幸福を招來する根源となるものなり。
以上の企業精神はこの企業文化の核と見

……………………………………………………….

……………………………………………………………………………………………..

由于篇幅所限,此處不能完全刊載論文全部内容,如需完整論文内容,請到本站下載頻道去下載全篇論文的完整word文檔!

 日語論文免費下載>>>

這家夥很懶,什麼都沒寫!

—— 日語論文

admin
你可能也喜歡Related Posts
衆說紛纭Comments
大眼 可愛 大笑 壞笑 害羞 發怒 折磨 快哭了 大哭 白眼 暈 流汗 困 腼腆 驚訝 憨笑 色 得意 骷髅 囧 睡覺 眨眼 親親 疑問 閉嘴 難過 淡定 抗議 鄙視 豬頭
小提示:直接粘貼圖片到輸入框試試
努力發送中...
  • 評論最多
  • 最新評論
  • 随機文章
footer logo
未經許可請勿自行使用、轉載、修改、複制、發行、出售、發表或以其它方式利用本網站之内容
Copyright © Kaoku Studio All Rights Reserved. 版權所有:日語論文網
  • 備案号:京ICP備10000918号